メキシコの新型肺炎コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)

 Hola!ライトイヤーメキシコ代表の和納です。


 2021年8月にメキシコでコロナワクチンの接種後、WEB上でのワクチンの接種証明書を取得しました。


 私が接種したワクチンはアストラゼネカ製(※)で、接種は1回目です。当記事を記載している2021年9月18日から3日前にあたる15日時点での、メキシコのワクチン接種率は約45%なので割と早い段階で接種ができたかと思います。ワクチンの種類はファイザー、アストラゼネカ、シノパック等色々な種類が接種されています。やはりファイザーが人気で、

シノパックは人気がない状態です。自分だけではなく家族や医療従事者など多くの方々のためにも出来るだけ罹らないようにはしたいものです。


 現在、メキシコではレストランの運営は行われていますが、メニューは自分のスマートフォンでQRコードを読み取り、表示をさせる方法をとっている所がほとんどになっています。そういう意味でも新しい変化を着々と取り入れていくのもメキシコの面白いところかもしれませんね。


 非接触、社会的距離、遠隔会議など、今まででは無かった事が常識になっていますので、日本ではガラケーを使っている私がスマホを手にする日も近いかもしれません。ウィズコロナ、アフターコロナを見据えて活動をしていかないといけないと感じました。

 

17回の閲覧0件のコメント