アクセス

〒134-0085

東京都江戸川区南葛西1-12-1

お電話&ファックス

電話番号:03-5658-7721

FAX: 03-5658-3202 

株式会社ライトイヤージャパン

Wix.comを使って作成されました

 

  • Twitter
  • 太田

メキシコ会計税務(その1) Factura(ファクトゥーラ)

最終更新: 3月8日

ここのところ中国会計税務についての記事ばかりでしたので、今回はメキシコ会計税務について紹介いたします。



Factura(ファクトゥーラ)とはインボイスのことで、金銭を受領する側が発行し、損金算入の根拠証憑になるため、会計上も税務上も非常に重要な証明書です。


Facturaのサンプル



↓下記の赤枠・青枠・黄枠の3つに分解して解説いたします。



① 弊社ライトイヤーメキシコのロゴです。企業ロゴをINVOICEに入れる事となります。


② 弊社ライトイヤーメキシコの会社情報です。

社名・RFC(納税者登録番号)・登記住所・郵便番号・法人の電話番号・証憑の種類・メールアドレスなどが記載されます。


③ 当Facturaの情報です。

Folio fiscalは日本語訳すると税務証憑のことで、RFC(納税者登録番号、この場合はFacturaを発行するシステム会社のもの)、No. certificado del SAT(メキシコ税務局SATの通し番号)、Fecha y hora certificación(証明書発行日時)、Lugar Expedición(発行場所)



中でも③は特に重要で、

Facturaはメキシコ税務局が一元管理しているため、税務局が定めた要件を満たすシステムでのみ発行ができます。またリアルタイムで税務局に取引情報が伝達されます。

このためFacturaは税務上の重要な証憑となり、未入手の場合は損金算入を行うことができなくなります。

メキシコでは脱税防止に向けて、ますます電子化が進んでいます。



次回は青枠について解説いたします。


弊社ではメキシコ現地法人の会計税務のサポートを行っています!

メキシコ常駐4年目の日本人担当者が誠実に対応させていただきます。

32回の閲覧